かんたんに解りやすく解説します

赤ちゃん女の子
 学資保険は、かんたんに言えば子供の成長に伴いその教育費等を蓄えるためのものです。
以前は学資(こども)保険と言うと、かんぽ生命(旧郵便局のかんぽ)のみでした。それが、現在では各会社からいろんな形の商品が売り出されるようになりました。ですが、その分いろんな商品があり過ぎてしまい、選ぶのも一苦労なのが現実です。


赤ちゃん男の子
 当サイトの管理人は、小さい娘の子育てに奮闘するイクメンパパです。
そんな新米パパが、学資(こども)保険のかんたんで解りやすい解説を中心に失敗しない選び方を紹介していこうと思います。現在迷ってらっしゃる方は、是非ご参考にしてみて下さい。

【よく解る解説】

ひまわり  学資と言ってもようは生命保険の一種です。
一見とっつきにくく複雑そうに見えますが、中身はそれほど難しくなく意外と単純なものです。 まずは拒否反応を捨て、大事なお子様の将来のためですので、難しく考えずこの解説に目を通して見て下さい。
解りやすい解説 → よく解る解説



【失敗しない選び方】

さくら  子供が産まれるとミルク代やらオムツ代やら、いろいろとお金がかかるものです。 すくすくと成長していく子供を見ていると、とても幸福な気持ちになりますが、成長すればするほど、中学・高校そして大学ともっともっとお金は必要になってきます。
将来のためにもじっくり選んで下さい → 失敗しない選び方



【お薦めの商品】

あじさい  現在は各会社から多種多様な商品が出ています。 その分、どれを選べばいいのか迷ってしまうのはしょうがない事です。まずは現在ご自身生活状況や各種契約状況などを見つめなおし、ご自身のプランにあった商品を選んで下さい。この章では、厳選したお薦めの商品だけをご紹介していきますので、よろしければ ご参考にしてみて下さい。
お薦めの商品をご紹介します → お薦め商品


【最新更新情報】

◇2010年12月17日 メットライフアリコへ → 外資生保4強が日本侵食new
◇2010年12月16日 最新の資料請求ランキング情報はこちら → 資料請求ランキング
◇2008年8月 国の教育ローンに関して更新しました → 国の教育ローン



赤ちゃんとお母さん
 当サイトでは働くママのご家庭をを応援しています
サラリーマン家族、共働きの家庭は、子供を育てていくだけで経済的にもとても大変です。ましてや母子(父子)家庭となると、子供を学校に通わせてあげるだけで精一杯になってしまったりもします。


計画的にお子様の教育費を積み立てて、将来お子様に選択肢を与えてあげられればベストですが、ご自身生活にあわせて無理のないプランを立ててみて下さい。ご自身の将来的な生活の安定もできるようじっくりとお考え下さい。


尚、誠に申し訳ございませんが、契約に関するクレームや問い合わせに関しては、一切 の責任を負いかねますので、予めご了承下さい。