よくわかる学資保険

トップページ>よくわかる学資保険

【加入の時期】


幼稚園 学資保険加入のタイミングは0歳~5歳の間が一般的です。


正確なデータをとったわけではありませんが、もっとも多い加入のタイミングは0歳時点のようです。


えっ?それじゃ早く加入した方がいいの?


確かに早く加入した方が月々の支払い額は少なくなりますし、お子様が大きくなってから加入した場合や、ご両親の年齢によっては付加出来ない特約等も出てきてしまうので、皆様早めに加入している傾向があるようです。


ですので早めの加入の方が理想的ではありますが、それ以外にも早く加入するメリットはあるのでしょうか?


【年齢と特則】

 学資保険には加入年齢制限があります。ここでアフラックの『かわいいこども保険』を例として(以下アフラックのこども保険と呼ぶ)子供がどの年齢まで加入できるのか?親の年齢等を考慮しどのくらいの時期がベストなのかを検証していきたいと思います。


 「学資保険とは?」のページでご説明しましたが、学資保険には万が一契約者のご両親が亡くなったりした場合、以後の保険料は免除され契約は継続されるという特徴があります。
アフラックのこども保険の場合、これを「保険料振込免除特則」と呼びますが、この特則をつける場合と、つけない場合で年齢制限が違ってきます。


【特則無し】
 まず、この特則をつけない場合はお子様の年齢が0歳~満7歳であれば、契約者の年齢に関係なく加入できます。
特則無し
<図1 特則無し>



【特則有り】
 次にこの特則をつける場合ですが、まずお子様の年齢が0歳~満5歳以内でないと契約できません。なおかつ、お子様の年齢と契約者の年齢を足して44歳以下であることも必要条件になっています。
特則有り
<図2 特則有り>


 このように、特に特約をつけないで加入するのであれば、お子様の年齢は契約できる年齢であれば特に支障はありませんが、いろんな特約をつけたりする場合年齢制限等が出てきてしまいますので、早めの加入が好ましいようです。


学資保険・生命保険のご相談

賢者の生命保険
賢者の生命保険
e-hoken
e-hoken
保険GATE
保険GATE
楽天
もっともっと保険料は安くなる!?保険を見直すなら<楽天の保険相談