よくわかる学資保険

トップページ>よくわかる学資保険

【保険料控除と税金】


ブランコ  学資保険を支払っている場合、保険料控除の対象となりますので所得税・住民税が減額されます。これは知らないでいるとホントにもったいない部分ですので、しっかりと把握するようにしておいて下さい。


注意したいのは、祝い金や満期になった保険金を受け取る時


もちろん保険金には税金はかかりますし、契約内容次第では多く税金を納める必要がでてきますので、充分注意して下さい。


それでは、保険料控除がどのようになっていて、また税金はどのようになるのかを見ていきたいと思います。


【保険料控除】

 学資保険も生命保険の一種なので、保険料控除の対象となります。生命保険の控除は、年間10万円以上払っている場合で最大5万円まで控除対象となります。


年間支払い保険料 控除額
10万円超 5万円
5万円超~10万円以下 (支払い保険料×1/4)+ 2万5千円
2万5千円超~5万円以下 (支払い保険料×1/2)+ 1万2千5百円
2万5千円以下 全額


【税金】

 学資保険の満期金や祝い金は一時所得として課税対象となります。
一時所得
<図1 一時所得の計算方法>


 図1を見ていただければ解るように、大抵の学資保険の場合課税対象額は0円になりますので、税金に対しては特に考慮する必要がありません


 注意すべき点とすれば、契約者と被保険者(保険をかけられている人)の契約関係です。 学資保険の場合、契約者は親で被保険者は子供ですが、保険金の受取人を被保険者つまりお子さんにしてしまうと、贈与税の対象となってしまいますので、受取人は契約者にするようにして下さい。


*税金や契約に関する詳細やご相談は、お近くの税理士もしくは生保会社に確認して下さい。


学資保険・生命保険のご相談

賢者の生命保険
賢者の生命保険
e-hoken
e-hoken
保険GATE
保険GATE
楽天
もっともっと保険料は安くなる!?保険を見直すなら<楽天の保険相談