転職に有利な資格

トップページ > 転職に有利な資格

自分のタイプを見極める

ビジネス2 転職に有利な資格をご紹介します。資格を取得する方にはいろんなタイプの方がいらっしゃると思います。中には自分は独立とか企業とかそんな大それた事は考えていない。あくまでも会社員もしくは公務員のように雇われる側のスタイルでいい。でも収入は上げたいし、自分のスキルレベルを上げたいという方は多くいらっしゃると思います。


そんなタイプの方々に有利なライセンスをご紹介していきます。


転職先でも評価が高い資格を取りたい

評価が高い 一部の業種に依存せず、取得しておけばかなりの評価を得る事が出来る資格ならばファイナンシャル・プランニング技能士を取得すべきです。


FP技能士の資格試験は、年金や雇用保険などの社会保障に関する知識、保険に関する知識、金融商品に関する知識、不動産の知識、さらに税金及び相続など社会生活に重要な要素が数多く含まれています。


FPの資格は、保険や金融関連だけでなくIT業界や会計の仕事でも役立つ知識が含まれますので、転職に最も有利となるとFP技能士がNo1でしょう。


>>>FP技能士の詳細はこちらをご覧下さい


収入を上げて転職先しやすい資格を取りたい

収入を上げる 最も会社内で価値のある資格で、さらに転職にも有利な資格となれば社会保険労務士でしょう。


社労士は、企業の総務部門での活躍のイメージがありますが、実際には営業部門や技術部門の社員が取得しているケースもあるそうです。


社労士が社内にいることで、広報活動や採用活動にもプラスに作用しますので、会社からの評価も大いに高まり収入増には最適な資格です。


もちろん総務・人事の経験を積めばさらに転職にも有利になりますし、将来的には独立開業も十分狙えます。ひとまず独立よりも収入増・転職に有利な資格を取っておきたいという方は是非社労士に挑戦してください。


>>>社労士の詳細はこちらをご覧下さい


とにかく転職に有利な資格なら

英会話 グローバル化が叫ばれている昨今ですので、やはり求められるのは英語のスキルでしょう。


やはり日本の企業の英語のベンチマークとして最も信頼されているのはTOEIC。外資系企業に転職するのであれば900点以上の高得点が求められますが、日本の企業であれば700点台でもかなり高い評価を得られます。


英語はあまり短期間で習得しようと焦らずに、半年~数年という長いスパンを掛けて習得することが大事です。


>>>TOEICで高得点を得る方法の詳細はこちらをご覧下さい