行政書士は稼げるのか?

行政書士

行政書士といえば、なんといってもドラマ化もされた漫画「カバチタレ!」の印象が強いと思います。

ですが、実際に行政書士で稼ぎたいのであれば、むしろ「カバチタレ!」のイメージは頭から取り除くべきでしょう。
まずは本題に行く前に行政書士資格のデータをおさらいしておきます。

種別 説明
資格種別 国家資格
試験の時期 年1回 毎年11月
合格率 約8%
取得までの平均期間 8ヶ月~3年
取得後の活動 行政機関に提出する許認可申請書類等の作成が中心。さらに契約書や遺言書等の作成や代理などの法律事務を行う。
取得後の将来性 独立開業が目指せる有望資格。行政書士が取り扱える業務も拡大し、今後ますます需要が高くなると思われる。
ホームページ 行政書士

行政書士はカバチタレじゃない?

まず行政書士で稼ぎたいのであれば、独立してナンボです。カバチタレのような大き目の事務所で勤め人として働けるケースはそもそも激レアですし、漫画のように半分弁護士のような業務を請け負っていたのでは全く稼ぎに直結しません。

行政書士もライバルが増え、IT化の流れもあり昔ながらの手法ではなかなか売上げを上げるのは難しい時代になっています。ですが、遺言や家計図などの作成等を専門に取り扱ったり、インターネットや書籍を利用したり、又は異業種懇親会等を利用してコツコツと営業して人脈を広げていくなど、大きく稼いでいる人は以前よりむしろ増えてきています

今後も行政機関に提出する許認可申請書類等がなくなることは絶対にあり得ませんので、まだまだ稼げる独立開業向けの資格であることは間違いありません。さらに最近では、専業主婦や女性が行政書士を利用して収入を上げているケースも増えてきています。

詳細はこちら>>主婦こそ行政書士で独立すべき


行政書士試験の難易度は?

行政書士試験は平成14年に合格者数12,894、合格率19%という大盤振る舞いをした後は、一気に枠を狭めここ数年は合格者数2千~6千人、合格率約8%程度となりました。

試験は憲法・民法・行政法・商法・基礎法学などの法律の専門知識から、政治・経済などの一般知識に関する出題もありますので、ハッキリ言って初学者は独学という選択肢は捨てるべきでしょう。

一昨年、社労士試験と行政書士試験をダブル受験した知人(社労士合格)の感想では、明らかに行政書士試験の方が難しかったそうです。

行政書士試験は、難しい年と簡単な年とかなりムラがあるようですが、じっくりと勉強時間を作れば通信講座でも十分合格圏内まで届くようです。

↓↓資料請求はこちらから無料でお取り寄せできます↓↓

>>【PC用】ユーキャンの行政書士講座<<

>>【スマホ用】ユーキャンの行政書士講座<<