介護事務の評価

介護事務

介護事務は、病院や診療所はもちろん、老人保健施設や特別養護老人ホーム、在宅介護支援センターや訪問看護ステーションといったあらゆる勤務先で介護報酬請求業務を中心に行うお仕事です。

少子高齢化が進んでいる日本社会では、介護に携わる人材は慢性的に枯渇していますので、これから益々需要が高くなる人材と思われます。まずは資格の情報から。

種別 説明
資格種別 民間資格
試験の時期 年6回
取得までの平均期間 3ヶ月
取得後の活動 各種医療機関や老人介護センター等で介護報酬請求業務を中心に行う。
取得後の将来性 とにかく慢性的な人材不足で、さらなる高齢化となっていきますので需要はどんどん高まる見込みです。
特徴 各試験は、知識がしっかりと身についていることを問う試験ですので、テキストの持込が可能となっています。
ホームページ (財)日本医療保険事務協会, 技能認定振興協会

介護事務の特徴

介護事務の試験も医療事務同様に、日本医療保険事務協会が実施しているケアクラーク技能認定試験と技能認定振興協会が実施している介護事務管理士 技能認定試験とに分かれます。どちらの試験も難易度には大差がなく、テキストを持ち込めるタイプの試験です。

介護事務は、医療事務や調剤薬局事務よりも受講者数が少ない傾向にあるようです。

介護というマイナスなイメージが影響しているのかもしれませんが、逆に言えば受講者数が少ないという事は、資格取得者の数も医療事務などに比べれば少なくなっていますので、狙い目の資格かもしれません。


最も伸びる産業が介護

先進国でも類を見ないスピードで高齢化が進行する日本で、今後最も伸びる可能性が高い産業は介護です。

そのため介護事務の需要も今後益々伸びていくことが予想されます

純粋に今後も最も安定した職業を望んでいるというのであれば、将来需要が伸びることはあっても減ることはまず考え難い介護事務のような職業が最適でしょう。

↓↓資料はこちらから無料でお取り寄せできます↓↓

>>【PC用】ユーキャンの介護事務講座<<

>>【スマホ用】ユーキャンの介護福祉士講座<<