マイクロソフト認定資格(MOS)の評価

マイクロソフト認定資格(MOS)の人気

マイクロソフト認定資格のMOS(Micrsoft Office Specialist)は、マイクロソフトのOffice系ソフト(ExcelとかWord)の技能を認定する資格で、かなり人気の高い資格です。

MOS(Micrsoft Office Specialist)は、OfficeシリーズのWORD・Excel・PowerPoint・Access・Outlookといったソフトの認定試験で、常に新しいバージョンの試験が実施されています。資格の情報はこちらです。

種別 説明
資格種別 民間資格
取得までの平均期間 1ヶ月~1年
取得後の活動 一般の企業への転職や、IT関連の技術者として転職する際に有利。
取得後の将来性 MicroSoftのOffice系ソフトは、どの業種でも欠かせない必須スキルとなっています。Officeの技術や知識を身に付けることで業務範囲が大きく広がります。
ホームページ MOS

MOSを取ると就職・転職に有利になるのか?

 

パソコンが一般のオフィスで業務に使用されるようになって約20年近くになりますが、その当時から今でもマイクロソフトのOffice(特にExcelとWord)は現役バリバリで使用されています。

ですので、ExcelとがWordの知識をアピールするためにMOSは出来れば取得しておいた方がいいですが、MOSは自分の長所をアピールするようなレベルの資格ではないという事は理解しておいた方がいいでしょう。

「パソコンが使える方」というような事務職などの求人に応募するのであれば、履歴書にMOSを記載することで印象はよくなると思いますが、MOSを取得することで就職・転職に有利になるとまでは考えないほうが無難です。


パソコン検定か?MOSか?

とはいえ、パソコン検定を取得するか?MOSを取得するか悩んでいるのであれば、絶対にMOSを選ぶべきです。

MOSの場合は、IT関連の企業に就職するとしてもある程度の評価は得られますが、パソコン検定であれば全くといっていいほど評価対象になりません。

ある程度の知識をお持ちの方は、情報処理資格にチャレンジしたほうが断然評価は高まりますが、それほどパソコンに詳しくないという方は、まずはMOSからチャレンジしてみるといいでしょう。

↓↓資料請求はこちらから無料でお取り寄せできます↓↓

>>【PC用】ユーキャンのマイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)講座<<

>>【スマホ用】ユーキャンのマイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)講座<<