調剤薬局事務と医療事務どちらが狙い目?

調剤薬局事務

調剤薬局事務は、その名の通り診療を受けた医療機関から出された処方箋を元に、調剤報酬請求事務などの事務作業全般を担当する業務です。

でも調剤薬局事務と医療事務って何が違うの?

単純に言えば医療事務は主に病院で、調剤薬局事務は薬局で働くものですが、具体的に何が違うのでしょうか?まずは資格情報をご覧下さい。

種別 説明
資格種別 民間資格
試験の時期 奇数月の第4土曜日(年6回)
取得までの平均期間 3ヶ月
取得後の活動 調剤薬局に勤務し、調剤報酬請求事務などの事務作業全般をメインに担当します。
取得後の将来性 昨今は医療機関と調剤薬局との役割分担、いわゆる医薬分業化されてきていますので、今後も中規模から大規模の処方箋薬局には必須の業務になりますので、調剤事務管理士 技能認定試験に合格することで活躍の場は益々広がっていくでしょう。
特徴 調剤事務管理士 技能認定試験は、資料などを参考にして答案作成が認められていますので、知識の正確さを問う試験のようです。
ホームページ 技能認定振興協会

部分的と総合的

医療事務はこちらでも解説したとおり病院の業務に関する全般の事務を執り行います。それに対して調剤薬局事務は薬剤に関する事務だけを主業務としますので、そもそも資格試験も限られた範囲を学習する事になります。

つまり総合的な事務を取り扱う医療事務に対して、部分的な事務を取り扱うのが調剤薬局事務となります。

医薬が分業化され日本国内の調剤薬局の数はここ数年右肩上がりで増えていますので、資格取得後の就職案件数も同様に大きく増えているようです。詳細データはユーキャンの調剤薬局事務講座でご確認できます。


調剤薬局事務と医療事務どちらが狙い目?

まず求人の案件数だけを考えれば、医療事務は大病院から身近なクリニックまでありますので、医療事務に分があるでしょう。ですので、大きな病院等の勤務をご希望の方は医療事務が推奨されます。

ですが、資格の難易度が低く短期間の学習で取得出来る資格という点では圧倒的に調剤薬局が優れています。

前述したとおり、学習するポイントが「薬剤のみ」に限られていますので初心者でもかなり学習しやすくなっています。ですので「できれば早めに資格を取って仕事探しに専念したい」という方や「とりあえず試しに資格を取得しておこう!」という方は、まずは手軽に学習できる調剤薬局事務からはじめるべきでしょう。

小さいお子様を育てながら調剤薬局の資格を取得するのであれば、通信講座が最適です。調剤薬局事務の資格も医療事務同様テキストを見ながら受験することが出来ますし、ユーキャンの通信講座であれば自宅で試験を受ける事も可能です。まずは資料を取り寄せて講座内容を確認してみましょう。

↓↓資料請求はこちらから無料でお取り寄せできます↓↓

>>【PC用】ユーキャンの調剤薬局事務講座<<

>>【スマホ用】ユーキャンの調剤薬局事務講座<<